ブッシュクラフトでAフレームテーブルを作る

このページでは、比較的簡単に作れるAフレームテーブルの作り方を紹介します。
大体40分程度で作れると思います。

ブッシュクラフトでのテーブル作りは、椅子と違い、作っている人が少ないんですよね、正直、太めの木を30センチ位に切り揃えて地面に置けば、簡易テーブルを作ることが出来るので、需要が少ないのかもしれません。

しかし、地面に直に座るスタイルの人ならそれで良いのですが、僕のように椅子を作って座るスタイルの場合、テーブルには高さがあった方が便利なので、前回のテーブルと同じく今回も、オリジナルで作りました。

十字型テーブルは、基本地面に杭をさせる場所限定になってしまい、地面が硬い場所などでは役に立たないのと、比較的軽い物しか置けないので、今回は、そのデメリットを補完出来る形の物を考えて作ってみました。

テーブル作りに必要な道具

  • ナイフ
  • ノコギリ

紐は、使い切りになる可能性が高いので、道具紹介で紹介した、このロープみたいな気軽に使える物がおすすめです。
因みに細い方が使いやすいです。

使い捨てロープ

この紐、去年は700円代で買えてた記憶があるのですが、今年23年になってから値上がりしたので1000円超えになってた

Aフレームテーブル作りに必要なパーツ

このテーブルは、パーツが多いので、パーツをメインに説明した方が理解しやすいと思います。

パーツ① 天板用フレーム

Aフレームテーブル天板用フレーム

テーブルの天板用のフレームを作ります、写真をみて貰えばわからうように、縦に渡している木は、外側の木を下に、
内側の木を上に縛り付けます。

縦に渡している、上下の木の間に、Aフレームを通すので、Aフレームに使う木の太さを計算して間を開けてください。

強度を高めるために、溝を掘ってから縛り付けてあります、外側を下、内側を上になるように必ず確認しながら組んでください。

必ず、先に天板用のフレームを作りましょう、そうしないとAフレームのサイズを決めることができないからです。

大体の目測ですが、フレームは長辺120センチ(写真では横)で短辺は50〜60センチ(写真では縦)で作っています。

パーツ② Aラインフレーム2個

AフレームテーブルAラインフレーム2個

テーブルの脚として使うAラインフレームです、作り方に関しては、Aフレームチェアー作りのページの座面用のAフレームを参考にしてください。

強度が必要となるので、2本横に渡して固定させています。
また、今回は、強度が必要なので、木に溝を掘ってズレないように工夫してあります。

溝の作り方は十字テーブルのページに記載してありますのでご覧ください。

パーツ③ 天板用の木

Aフレームテーブル天板ようの木

木の長さ・数は天板の大きさによって変わりますので、15本〜揃えてみてください。

Aフレームテーブル作り、パーツを組む

天板用フレームの縦に渡している木の間に、脚用のAフレームを入れ、安定する所まで押し込み外側に開いてください。

もう一片も同じようにAフレームを挟みこみ、安定するところまで、押し込み安定したら外に開きます、そうすると下の写真のようにフレームが安定します。

Aフレームテーブルのパーツを組んだ所

ここまで進めねば、後はお分かりですね、切り揃えた天板用の木をこのフレームの上に乗せて行きます。

Aフレームテーブル完成

十字テーブルと違い、これなら、地面の硬さに影響は受けず、そこそこ重い物でも安心して置くことが出来ます。

ソロの場合なら十字テーブルで問題ないのですが、2から3人で野営するならこのくらいの大きさのテーブルが一つあった方が色々便利だと思います。

Aフレームセット

AフレームチェアとテーブルでAフレームセットを作ってみてはいかがですか。

動画はそのうち上げると思いますのでしばらくお待ちください。