都市伝説・陰謀論・オカルトとの付き合い方

昨今のオカルト界隈について思う事

最近の界隈はYOUTUBEの影響もあってか、発信力が以前と比べ大幅にあがってますよね、

だれでも怖い話や、不思議な都市伝説など興味深い話しを発信する事が出来、SNSを通して、同じ趣味の人と交流が出来たり、

チャンネル登録でファンを集める事などが出来昔とは違い、ビジネスに発展しやすいのも相まって様々な人が界隈に入ってきている、

この業界の中には、好きから始まった人、ビジネスチャンスと思い始めた人、自分だけが世界の本当の姿をしっている選ばれた人間だから情弱どもに有難い真実の情報を教えてやるって人まで、いろんなタイプがいますね。

キャラの立った配信者や怪談師も増えてとても楽しめるようになりました。

僕は、小学生の頃からチョクチョクとムーを買って読んでいたって事もありオカルト系は好きで、うしろの百太郎や恐怖新聞などのオカルト漫画から始まり流れで都市伝説、当時は都市伝説とは思ってなかったけど、人面犬やトイレの花子さん、UFO、ミステリーサークルなどなどのカルチャーに触れて育ち、怖いっていうよりは不思議な事が好きだったりします。

TVで取り上げられたりもするけど、ある程度この業界はアングラ感が強かったんですが、今じゃ、実話怪談系が流行って怖い話系のリアルイベントやコンテストも増えて、アングラから表に浮上してきている気がします。

都市伝説は、テレ東の番組の影響もあり、一気に一般化してますよね。
どちらもビジネスとして成り立ちやすくなったことが浮上の流れにつながっているのかと思います。

先に書きましたが僕は不思議なものが好きな質なのでオカルト、怪談系、都市伝説が盛り上がるのは大歓迎で、埋もれていた怖い話や不思議な伝説・伝承、都市伝説に日の目が当たるのは楽しく拝聴しています。

数年前までは2chのオカルト板にそういった情報が集まる場だったのですがyoutubeもその一旦を担うようになり情報量が増えたのもうれしいですね。

逆に陰謀論の方は、僕はあまり好きでは無くて、なんで好きでは無いかと言えば、恐怖を自分の利益に結びつける人が多いのがその理由だ、

やり口が質の悪い壺売り宗教の手口と同じだからね、嫌なことに前回のアメリカ大統領選から陰謀論者がすごい勢いで増えたきがする、

アメリカ発祥のQアノンが現れてから様々な情報が発信され、それを信用する人々が増え、それに相まってバイデンジャンプやら、ロシアによる選挙への介入疑惑やら信用ならないアメリカ民主党の動きやら色々な事柄が複雑に絡み合って、

一般人も渦中の人でさえも真実が見えない不安定な情勢が続いた事が陰謀論者の増加に繋がったのだと思う。

人間は、わからない事、理解できない事が一番怖い生き物で、自身が置かれている状況が不安定だと取り合えず自分が理解できる答えを欲しがる習性が強くある。

それが意味不明で整合性の取れないデマでも答えが欲しいのだ、昔からある質の悪い詐欺などに良くこの人間の習性は使われます。

オカルトについての雑感

オカルトは以外と健全な世界だったりする

陰謀論と違いオカルト系は健全?なビジネスモデルが出来てきている分、良い方向で進んでいると思う、当然、デタラメ霊能力者やら祈祷師やらの悩んでいる人に付け込んむ詐欺師とは別ですよ、

ここでいう人たちは実話怪談系での噺家さんや、昔から怖い話をすることを生業としている人、文筆家、テレビというメインストリームにはあまり関わってこなかった方等です。


小さな箱でのイベントだったり自分の足を使って話を集めていた人、地道なリサーチなどから心霊現象の謎を調べていたコツコツ頑張っていた人達にビジネスチャンスが来ているのは他人事ながら嬉しいですね。

このままビジネスのパイが増えていけば良いのですが、ブーム化すると詐欺師が付け込んでくるのでそこだけは心配ですね。

都市伝説・陰謀論系は結構な歪具合

僕が思う陰謀論にハマる人は、今の生活に不満があり、現実を直視する事をしないので不満な生活がいつまでも続き、

さらに自分で考え答えを見つける事が苦手、今の自分の生活が上手くいかないのは世間が悪いって感じの人が陰謀論にハマり安いと考えてます。

実生活を不満を持って過ごし自分を変える事も出来ない状態で、政治や社会情勢など何かに原因を結びつけて自分は悪くない、他が悪いって思考に陥ってしまう、

そんな人に対して陰謀論は、答えを与えてしまいます、「君が不遇なのは君のせいではなく、DSやユダヤ、ロスチャイルドが世界の資本を牛耳っていて格差社会を作り出し、君たちをゴイムとして奴隷化していらさ」と、

さらには、そいつ等の上にはまだ、支配者層がいて、そいつらは人間ではないと続いていきます。

普通の精神状態だったら信用する事もないのでしょうけど、精神的に追い詰めれている人にとっては、自己肯定の為には都合の良い答えになってしまいます。

陰謀論を伝播している人もビジネスとして始めていたのにいつの間にか自分自身も陰謀論者になってしまう事あり、そうなってくると、毒電波スピーカーになっちゃいます。


元々、不安、恐怖を煽りその情報に対しての答えを伝え信じ込ませる人間の習性を狙った広め方だから自然と自分自身もハマってしまうんでしょうね、


そして陰謀論関係の情報を集め点と点を勝手に繋げて意味を作り出し自分はほかの人が気が付いていない真実に辿り着いたって勘違いして、優越感を得ている人も見受けられますね、次第に、他の人を見下し始めてどんどん、拗らせていき孤独になっていく。


陰謀論自体にこんな負の連鎖が内包されているので信じる人が増えてくると業界が歪な人間関係になりがちですね。

基本は楽しむためのコンテンツ

心霊にしても陰謀論、都市伝説にしても、信じすぎると人の精神に悪い影響を及ぼしやすいモノには、少し心の距離を取って軽い気持ちで楽しむスタンスが一番楽しむことが出来ると思います。

さらっと話を楽しむ分には、良い刺激になるし、時間つぶしにも良いですからね、僕は陰謀論にしても全否定する気は無く、陰謀論に心を支配されないように気を付けて欲しかったので少し強めに批判的な意見を述べました、

僕自身も陰謀論は楽しんでいます、都市伝説、怖い話にしてもほぼ毎日YOUTUBEで拝聴して仕事で疲れた精神を癒してもらっています。

どんな趣味嗜好も毒にも薬にもなるので、薬として楽しむのが一番ですね。

総合評価
今後の参考によろしければ記事に星評価をしてください
[Total: 0 Average: 0]