青森桜観光弾丸ツアーに行ってきました【旅行・観光】

青森桜観光弘前公園

GWに青森へ桜を見るために青森県弘前市へ旅行にいきました。

今回の旅行は弟発案の旅行で、母親が桜を見たいとの意向をうけせっかくだから青森へ行こうっとなったようで、弟に僕に母に妹の4名での旅行となりました。

行き来は、苫小牧ってこともありフェリーで行くことになったのだけど、苫小牧から八戸までは、8時間くらいの船旅で行きの出発が夜の23時59分、帰りの便も23時発とフェリーでは寝るだけになります。

八戸港についてからは、バスで八戸駅まで行き、レンタカーを借りて目的地の弘前公園へ向かいます。

青森桜観光フェリーで八戸へ

苫小牧フェリーターミナル

フェリーは1時間前から入船できるようで、1時間前にきて乗船手続きを行う

僕らは、少し遅れていったけど、特に問題もなく、スムーズに入船し、各自の部屋へ向かうことに、
今回は、2等船室の個室を選び、帰りも2等船室だけど、帰りのシルバーエイト号には、2等船室には個室はなかったので、二組に分かれ、2人部屋にしています。

ちなみに船会社はシルバフェリーさんです、片道8千円でお安くいけるのは嬉しいですね。

青森桜観光で乗船したシルバーティアラ号

八戸に着いた時に撮影したシルバーティアラ号

僕が予約した個室はこんな感じで、2等とはいえ、まぁ狭すぎず広すぎずって感じの印象でしたが、ベットの横幅が短く寝返りをうつのが大変でした。

シルバーディアラ2等船室個室

ベットの横幅が狭く、寝にくかったですね、でも個室ならではの安心感はあり、僕が持っているキャンプ用のコットよりかは、幅があったのでまぁヨシって感じです、空調が効きすぎなのか少し肌寒かったですね。
この日は少し風の影響か揺れが強かったのですが、まぁまぁちゃんと寝れました。

八戸に到着です

八戸は、苫小牧よりも気温が高く、津軽海峡を超えただけで、これだけ気温が変わるものなのかと少し感動

シルバーティアラから望む八戸港
青森桜観光シルバーティアラから望む八戸港

八戸港からは、バスを使い八戸駅へ向かい、そこから徒歩で日産レンタカーまで歩くのだけど、意外と遠く暑さも相まってしんどかったですね。

レンタカーを借りてからは高速道路で、下回りで弘前市へと向かいました。

弘前公園の桜 2024

青森弘前公園の桜1
青森弘前公園の桜2
青森弘前公園の桜3
青森弘前公園の桜4
青森弘前公園の桜5
青森弘前公園から望む岩木山
青森弘前公園の桜7
青森弘前公園の桜8

今年は開花が少し早めだったためか、ソメイヨシノはもう散っていましたが、枝垂れ桜や八重桜が目を楽しませてくれました。

公園からは、青森では有名な岩木山をみることが出来ます。

弘前公園は自由に入れる場所と有料地域があり、弘前城に行くには有料チケットが必要ですが、少しびっくりしたのがチケット料がとても安い、普通の観光地なら1500円は取りそうな所600円もあればほとんどの場所を見て回れます。

北海道の観光地価格より大分安いのですごいお得感があります。

本当は、有名所だけちょいちょいと見て帰るつもりでしたが、結構歩き回ってほぼ一周してクタクタに・・・

青森桜観光を終えたあとは、地元の温泉へ行き、クタクタの体を休め、汗だくの身体もスッキリとし軽く仮眠をとってから帰路へ

帰りのフェリーに乗るために、八戸まで行き、八戸駅近くにあるお店で夕食をいただく。

ちなみにお昼は弘前公園で桜祭りをしていたので出店で軽く済ませています。

旅のまとめ

今回の青森桜観光弾丸ツアーは、2泊3日ではあるけど、ほぼ1日の観光となったが、ホテル代など掛からなかったのでリーズナブルに楽しむ事ができました。

弘前公園も桜が綺麗で、お祭りも楽しめ歩き詰めで疲れはするけど満足度は高かったですね。

帰りのフェリーは揺れもなく、2人部屋だけどベットの横幅は個室のベットより広く快適に寝る事ができたので、朝6時に苫小牧に着いた後もまる1日使えるのでフェリー旅行は体力がある若い人にはお勧めですね。

旅行の感想としては、「疲れたけど楽しかった」って所です。

旅行関係の記事は他にもあるので興味があったら読んでみてください。

総合評価
今後の参考によろしければ記事に星評価をしてください
[Total: 1 Average: 5]