23年上半期最後のキャンプ【アウトドア遊び】

ワンポールテント設営

この土日にブッシュクラフトベースでキャンプをしてきました、今回は、前回使ったクラフトしたベットがあまりにも寝辛く、拷問のような寝心地だったのでそれを改善することと、燃やす予定の木の枝の山を処理するのが目的でです。

僕は、真夏には泊まりのキャンプをしないので、このキャンプが上半期最後の泊まりキャンプとなります、次は、9月なかか後半ですね

まだ北海道の7月頭ってことでそれほど暑くならいだろうとたかをくくっていたのですが、この日は異様に暑く、ベースに着いた瞬間心が折れました。

ってことで、着いてすぐに川に降りて涼む事に・・・

川辺でチルタイム

この川に降りると体感で5度くらい気温が下がるので涼むにはとても良い場所なんです。

30分ほど涼みながらチルタイムを堪能してから、やっと設営、今回は地獄ベットを使いたくなかったのでワンポールテントとコットを用意してきた。

焚き火開始

この日は、この量の木の枝を燃やし切る予定、

やはりまだ気温が高くて肉体労働はキツそうなので今回はベット改良は取りやめにして普通にキャンプを楽しむ事にしました。

枝を燃やしながら寛ぎつつ、夕方に近くの銭湯へ、帰る頃には日も暮れ始めているはず。

夜の焚き火

やはり夜の焚き火は雰囲気があっていいですよね、

夕食はカップ麺と菓子パンですまして、獣よけに音楽を流してゆったりと過ごす、至福の時間である

焚き火の炎

夜になると気温は下がり焚き火の熱がちょうど良く感じます、暑くて外で遊ぶのが少し辛くなってきましたが、無理しない程度に楽しんでいきましょう。

総合評価
今後の参考によろしければ記事に星評価をしてください
[Total: 0 Average: 0]