気になる撮影機材2電動式自動カメラ雲台【気になる商品】

この電動カメラ雲台はスマホジンバルなどを販売しているfeiyu techが制作しているカメラ雲台で、

製品名は

Feiyu Qing Pro: Smart Electric Tripod Head

という商品です、サイトでは、QINGと紹介されていますが上はProってついている所をみると。

サイトの方で紹介している雲台の上位バージョンのようですね、

プロの方は、こちらのサイトでクラウドファンディングをしているようです。

この会社の製品ではスマホ用ジンバルを一つ所有していますが、普通に使用できる製品です。

中華企業の中でもまともな企業の一つのようですね、一眼レフ用のジンバルも販売しています。

ジンバルの制御技術からの流用から生まれたのかなって印象ですが、

カメラ機材の進化の流れを考えれば、そうなるよねーって感じてしまいますが、

企業として開発をするには結構ハードルが高いと思うので、(ニーズが読めないからね)

イケイケ企業じゃないと製品化まではしないよね、

バブル期の日本企業みたいで個人的には挑戦的で好感をもてますね。

商品の特徴

電動カメラ雲台

ぱっと見では、ジンバルで入れている機能を踏襲している感じですかね

ジンバルとは違う点としては、別途コントローラーが付いている点ですね、

基本、雲台なので三脚などに設置して使う為、コントローラーがあるのでしょうね。

雲台とジンバルを統合した製品と考えて問題はなさそうです。

電動カメラ雲台の気になる機能

色々と機能が盛り沢山なようですが、

基本的にはスマホジンバルについている機能と同じな気がする・・・

機能の中で僕が気になる機能を少し紹介していきます。

モーションラプス

個人的にタイムラプスが好きなのでモーションラプスは気になりますね、

カメラをゆっくり動かしながらのタイムラプスって事で、始点と終点を決めて撮影で、

中間点も指定できると思うので、結構ダイナミックな良い絵が撮れそうですね

追加機材でスライダーを使う事でハイパーラプスも出来るようですが、

スライダー事体は高いからねぇ趣味で撮影する人には少しね・・・

コントローラーにスマホを付けて、アプリを入れることでリアルタイムで録画画面をみながらコントロール可能になるみたいですね

スライダーにつけるのも良いですが以前紹介した自走三脚に付けると楽しそうですね

リモートコントロール

僕がメインで使っているルミックスS5にも付いているのですが、最近の一眼カメラには、

メーカーが出しているカメラコントロールアプリがあって、

アプリをスマホに入れてカメラと接続する事で、カメラのコントロールや、

撮影した写真をスマホにダウンロード出来たりと便利なんですよね。

スマホでなくタブレットで使う事で、細かいピント確認も出来るし、

アプリから絞り、SSを変更してシャッターを押せるので、遠隔操作を行うには

メーカーのアプリだけでも相当な事が出来ます、

そのアプリとこの電動雲台を組み合わせる事で、自由度の高い遠隔操作を可能にするのではないか

2軸のジンバル機能もあるので、安定した絵作りは出来そうですね。

まぁ正直、ジンバルでええんじゃないの?って気はしますけど、

ジンバルは意外と、乗せられるカメラの重量によってお値段に反映したりするんですよ

電動雲台QINGのページを見ると3.5キロまで乗るみたいなのでゴツめの一眼でも乗りそうですね

この電動カメラ雲台は買いなのか?

さてお値段のほうですが、サイトの方で確認したのですが、

サイトでは商品のページはあるのですが、販売はしていないようでした、

クラウドファンディングサイトの方を確認してみた所、お値段がありました

一番安いセットでも結構なお値段がしますね

作ったは良いが売れなくてクラファンしている疑惑が・・・・

クラファンでお金を出しても399ドルって高くないですかね?

普通に買うと650ドルですよ?

そのお金があればさ、ちょっとしたレンズが買えるし、一眼用ジンバルも買えますよね

ずいぶん強気な値段設定だなぁと思います。。。

正直微妙な機能、性能でこれはないわぁ~

これなら「-Zhiyun-Weebill-S」を買うわぁ~

Weebill-Sもアプリを使えば同じような事出来るもの~

さらに3軸ジンバルだもの~

4万円台で買えるもの~

勝ってる要素ないじゃないですかぁ~

ここまで記事を書き進めてきてこの落ちはないわぁ~

まぁ、どうしても三脚を使って自撮りしながらカメラアングル変えたい人や

新しもの好き、ガジェット好きな人にはぁ

進めても良いのかもしれないのかもしれないですが。

普通のユーザーには要らないんじゃないのかな、

もしかしたらプロの方には嬉しい機能が盛り沢山なのかもしれないけど・・・・

僕は気にはなったけど買うことはなさそうですね。

このお値段を出すならほかの選択肢の方が魅力的ですからねぇ・・・・

少し残念な結果となりましたが、今度も面白そうなワクワク出来そうな機材を見つけたら

記事にしていきますので、たまにサイトを除いてみてください。

総合評価
今後の参考によろしければ記事に星評価をしてください
[Total: 0 Average: 0]