気になる撮影機材3電動ドリーTank2【気になる商品】

電動ドリーの決定版「Tank 2」、カメラ・スマホ兼用!
直線・曲線レールに対応、スマホと連動して最大100m走行可能

今回もFacebookのタイムラインに流れてきた広告からになり、

いつものようにクラウドファンディングでの発売の商品です。

最近の流行りなのか、この手の機材は大体電動で動くタイプが多いですね。

この電動ドリーもその名の通り電動式でスマホで操作ってタイプです。

「Tank 2」(タンク ツー)の優れた機能5選

機能の特徴として以下のようのに宣伝しています

  1. 四輪デザインを採用し走行安定感が優れています。2輪駆動でパワーが強く坂道でも使用可能。
  2. 左右50°回転ができ、直線レールはもちろん、曲線レールにも対応します。
  3. スマホと連動で走行距離、時間、方向などを設定可能、タイムラプス撮影に最適。
  4. 作動音がほぼ聞こえないため、動画本来の音のみ記録することができます。
  5. 耐荷重量は5kg、スマホ、アクションカメラ、一眼レフカメラやミラーレスカメラなどにも使えます。
Tank2

基本室内での撮影では使えそうですが、野外などでは、ローアングルでの撮影しか出来ないと思われ・・・

少し使い勝手が悪いのではないかと、カメラが乗るラジコンどまりじゃないか?

実際に使うシーンを考えた場合には、大分使えるシーンが限られそうですね。

これなら以前記事にした、電動で動く三脚の方が使えるシーンが多く、

同じような機能も使えるので、少し魅力を感じ難いですね、

パンチラ撮影機材としては優秀そうですが、これはイマイチな気がしますね。

みた感じ、サイズが小さいので当然タイヤも小さく、路面の凹凸を拾いやすそうなのも気になるポイントですね。

Tank 2は買いか?

Tank2は買いか

Tank 2は明らかに買う人を選ぶタイプの機材ですね、室内撮影メインで電動スライダーの代わりに使いたい人。

変わったガジェットが好きな人には刺さりそうな所ですが一般的なカメラユーザーには不要な機材に感じてしまいます。

メーカー側も面白そうだから作った感があるような・・・・

せめて雲台が電動でチルトだけでも稼働してくれれば、良かったのですが、

こちらも以前紹介した電動雲台を組み合わせれば可能なのだろうけど、

コントロールするのに忙しくなり、ピンボケとかしちゃいそうですね。

おもしろ商品ではありますけど、使用シーンが少なすぎて、買う事はなさそうですね。

総合評価
今後の参考によろしければ記事に星評価をしてください
[Total: 0 Average: 0]